李朝高杯

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫( @nekotekibunkahyakaten )
南方美術店( @minakata_bijutsu )
l:arm( @l_.arm )
高谷( @takeshi_takaya )

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

高杯( 御売約済 )
李朝時代
φ 14.8 cm

────────────

No.03 チャーチベンチ

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。
当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.03

チャーチベンチ
イギリス・18世紀
横 99 – 奥行 46 – 座面高 42.5 – 背凭高 116( cm )

ダニエル・ビュランのような縞模様状の背凭れのある長椅子で、厚々とした総オーク造りの教会用ベンチです。聞けば通常チャーチチェアは家具職人任せで製作されるのが一般的らしいのですが、この長椅子は教会を建てる際に建築家が教壇、ベンチ、椅子などの家具類もデザインしたものではないか──との事でした。座面のガタツキなどもなく、そのまま椅子として実用できるコンディションです。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . ギャラリー鳥声 . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . 南方美術店

No.01 鉄鋏 ( オランダ )

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。Instagram公式アカウント( @anaguri8 )でも出展者による商品紹介が始まっています。当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.01

鉄鋏
オランダ
18世紀

構造物としては既知の道具であっても鉄のみで組み上げられてみると違った印象があり、どことなく線対称の図形のようにみえたり、丸刃によるヴァリエーションも見たことのない形の面白い道具です。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分

出展者
IMADO
うまのほね
ギャラリー鳥声
古美術花元
書肆逆光
志村道具店
トトトト
南方美術店

鉄製 焚火台

展示会出品商品のご案内です。

鉄製 焚火台
ヨーロッパ
18世紀
高 33 cm

暖炉のなかに据えて薪を焚べるための西欧の焚火台です。鉄板を半環の形に曲げ、格子を通した脚と接合して形を整え、安定した、動かぬ姿の台としています。一服の煙草とともに暖をとる暮らしを想像することの出来る味わい深い道具です。

会場にてご覧下さい。

──

古美術展示即売会 「 ぷちぐり 」

日時 : 2022年1月29日( 土 )- 2月13日( 日 )13:00 – 18:00( 最終日のみ16時まで )
会期中休業日 1 . 2 . 3 . 7 . 8 . 9日
※. 初日( 1/30 )、二日目( 1/31 )在廊予定です。( 在廊日については各出展者ごとにご確認下さい )

会場 : toripie( @toripie.gallery )
京都市左京区二条通川端東入ル新先斗町133 サンシャイン鴨川102
京阪電鉄 三条駅 12番出口 徒歩6分
075-757-2242

出展者
書肆逆光
トトトト
toripie
南方美術店

初日のみ朝10時より整理券を配布します。
ご入場に際しては混雑時、入場制限を行う場合があります。

「通販について」
30日 (日) の営業終了時点で残っている物に関しましては、通販を承ります。
尚、事前予約も可能とした上で先着順とさせていただきますので、通販をご検討の場合は各店へお早めにご相談ください。

七宝六面体水滴

展示会出品商品のご案内です。

2.七宝六面体水滴
17 – 18 世紀
⌀ 5.2 cm – 高 4.7 cm
合箱

マルメロの色に似た綺麗な実の色が表現されていると感心した七宝製の水滴で、このように細密に描写されていない、言わば様式化された図柄をみても、筆文化にまつわる道具の魅力というものに益々惹かれてしまいます。銅の表面に硝子質の釉薬で文様を焼きつけた七宝製で、硯に水を落とすために用いられていたものです。

会場にてご覧下さい。

—–

『 こっとう四人囃子 – 駄駄の会 – 』
2021.12.04日( sat )- 5( sun )
11:00 – 18:00

会場 : 荻窪ギャラリー
http://ogikubo-gallery.com/
東京都杉並区天沼2-5-8
荻窪駅北口 徒歩4分
03-6899-1703

※整理券は当日朝9時より配布します。

出展者一覧
古美術 猫
南方美術店
レルム
高谷

青銅製小銅鐸

青銅製小銅鐸 / 御売約
古代ビルマ・ピュー王国期
紀元一千年紀
高 8 cm

古代ビルマ・ピュー王朝と言われても馴染みのない分野です。中国から朝鮮半島の銅鐸どうたくが祖型になっているように想像していますが、不規則な小孔が穿たれているのは揺り鳴らして音を発するためでしょうか。風が吹けばピューと鳴りそうな…とつまらない事を考えながら"ピューリタン"や"ピポー"のように耳に残る名をひとつ覚えたという所で、ピュー王朝の古代遺跡群に関する文献はこれから手元に取り寄せるという不見識さです。甚だ頼りないながらも全体を埋めた緑青の古色におもわず手が伸びます。賛否というよりそれぞれの視点や考古的愉しみにお役立て下さい。

メールによるご注文こちらから」
別途送料600円、振込手数料がかかります。

デルフト筒盃

デルフト筒盃 / 御売約( sold )-
⌀ 6.1 cm – H 6 cm
オランダ 16 世紀

かぼちゃのパイを焼き始めた17世紀より以前に焼かれたオランダの軟陶です。比較的に焼き締まった胎土に橙色の雑釉を粗っぽく掛けた筒型陶器、形の歪みにも美妙なバランスを発揮しています。土臭があり酒器には臭いを抜く手間が必要です。水漏れはありません。

メールによるご注文こちらから」
別途送料600円、振込手数料がかかります。

デルフト 素焼き鉢( 半製品 )

展示会出品商品のご紹介です。

10. デルフト 素焼き鉢( 半製品 )26,000 –
1700 – 1780 年
オランダ・デルフト窯
⌀ 19.3 cm – 10 cm

資料でしか見ることのなかったデルフト窯無釉の半製品。焼成時に欠損が見られたため施釉されずに破棄されたか、施釉する前の素焼きの状態で保管されていた物かと思います。資料としても稀少ですが、書載品より肌の美しいものです。

会場にてご覧下さい。

古美術展示即売会 あなぐり
会期 : 2021.02.27 ( 土 )- 28( 日 )
時間 : 11:00 – 18:00
会場 : BOOTLEG gallery
東京都新宿区改代町40 / 地下鉄東西線・神楽坂駅1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . toripie . 南方美術店

《 通販について 》
当店の企画展出品商品のご購入はご来場の皆様を優先させて頂きます。会期終了後、在庫がある物に限り通販対応させて頂きますのでお問合せ下さい。尚、出展者ごとに対応が異なります。通販ルールについては各店までご確認下さい。

《 整理券配布について 》
当日の入場整理券の配布やご入場にあたっての注意事項は公式アカウントに記載があります。Instagram @anaguri8 よりご確認下さい。

錫マグカップ

展示会出品商品のご紹介です。

9. 錫マグカップ / 25,000 –
17 – 18 世紀
オランダ
⌀ 6.5 cm – 7.7 cm

近世ヨーロッパ、錫製品としては古手のマグカップです。出土品につき散々踏みつけられたように傷んでいますが、歪つな鈍色のオブジェとして愉しんでいました。

会場にてご覧下さい。

古美術展示即売会 あなぐり
会期 : 2021.02.27 ( 土 )- 28( 日 )
時間 : 11:00 – 18:00
会場 : BOOTLEG gallery
東京都新宿区改代町40 / 地下鉄東西線・神楽坂駅1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . toripie . 南方美術店

《 通販について 》
当店の企画展出品商品のご購入はご来場の皆様を優先させて頂きます。会期終了後、在庫がある物に限り通販対応させて頂きますのでお問合せ下さい。尚、出展者ごとに対応が異なります。通販ルールについては各店までご確認下さい。

《 整理券配布について 》
当日の入場整理券の配布やご入場にあたっての注意事項は公式アカウントに記載があります。Instagram @anaguri8 よりご確認下さい。

フランス銀杯

日本人の好みを写し取ったかのような形の銀器で、ホールマーク( 刻印 )に拠れば1700年代末頃、フランス・パリの工房による製造のショットグラス、あるいは薬を煎じて呑んだものかと想像させる筒形の小さな銀杯です。

イギリスの銀器に親しみのある方に"見たことのない形態"と評して頂いたのも嬉しかったのですが、こうした多面体のつくりはフランスに正統な意匠なのでしょうか。一般或る種の人々よりも裕福な家庭で所有されていた銀製品ですが、ジャン=ジャック・ルソーが活躍したような近世の時代に迄遡る旧物と考えると、表面だけでなくその作りの上からも想像力を愉しませてくれる気がします。

銀器揃いの中にあっても目を引く存在で、且つ実用性の高い清潔なコンディションを保っています。酒器や道具立てのひとつとしてお愉しみ下さい。

十二角柱銀杯( フランス 1785 – 1797年 )径 3.5 cm – 高 3.5 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」