初期伊万里蘭文盃

初期伊万里の盃をありふれた等質性のものと感じる方もいるかも知れませんが、器の繕いのベースは和紙によるもので、そこに漆を重ねていく方法で補作されたという盃です。

人の手の入った骨董に自然でないものを感じてしまう場合には、いっそ傷もののままであってくれたらと余分なものの存在を嘆くこともあるものですが、この盃の場合、繕いによって新しく独自なものに基礎づけられている感覚を共感していただけるのではないかと思います。

生掛けの釉薬によく似合った繕いで、蘭文の絵付けや釉調などバランスに長けた盃です。酒器や茶盃としても無理なくお使い頂けます。

初期伊万里蘭文盃( 江戸初期 )外径 6.5 cm – 高 4.5 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

黒漆三脚盤

根来の脚付盤と共通性の見られる円型の木台で、仏教美術との相性もよいのではと小像など飾ってみたくなった小盤です。盤面上層の黒漆の下には朱漆が僅かながら覗いており、用法は不明ながら寺院で用いられた小さな盤と捉えています。

一木造りで、轆轤で挽いた脚の上に帽子のつばのように張り出した盤があり、盤口縁部は鑿などの道具を使い手仕事で削り落とされています。おおよそ正円形であり、やや楕円形とも云える形でしょうか。味の良い台でもこのように建ちの低い円形のものはなく、朝鮮の餅台に似た素朴さもあり、酒器など持ち出して用いるよりも、やはり飾り台として見立てる方が合う物ではないかと思います。

脚の一部に亀裂が入っており、特に補修も施されていませんが、そのままでも差し支えない程度のものかと思います。

黒漆三脚盤( 江戸時代 )径 18 〜 19 cm – 高 5.3 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

十二角膳

十二角と云いながらも円形を基調とした角のとれたお膳で、忠州地方の小盤から天板のみを取り外し、お盆に置き替えた朝鮮の木工品です。

ソウルで買い付けたお盆もいよいよこちらを含めて僅か二枚となりました。反りはあまり感じられませんが、天板ゆえ若干のがたつきを伴います。

十二角膳( 李朝時代後期 )径 42.5 cm / 20,000円

メールによるご注文こちらから」

李朝黒釉片口

李朝時代後期には白磁の片口が作られますが、黒釉の片口と云うのは余り見られないのではないかと思います。漆工品のような、あるいは石工品のような形象からは丈夫さが取り柄と見えなくもなく、正円形とは呼べない歪みを伴った形や艶のある茶褐色がバランスの良い成因と思われます。

見慣れない物を手にすると嬉しい反面、一人で国を背負ったように不安にもなり、あらまほしきことかなと頼りないのですが、黒釉( 天目釉 )の壺が溢れるほどある事とは対極で、あるいは目に入るような魅力が他の物になかっただけなのかもしれませんが、器物全体を通じて魅力的な稀ものの器だと思います。

一箇所のみ薄いニュウが見られますが、ほぼ完品と云ってよい状態の好さを保っています。

李朝黒釉片口( 李朝後期 – 末期 )外径 17.2 cm – 9 cm / 御売約

メールによるご注文 / お問合せこちらから」

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

古伊万里瑠璃釉猪口

年が明けて物事も緩やかに動き始めていますが、何となく消極的でまごついていたインスタグラムのアカウントを開設致しました。日曜版のようなつもりで、いままでのように身辺に持ち上った小さな出來事について話をつづけて行くつもりです。どうぞよろしくお願い致します。

古伊万里の覗き猪口と呼ばれる形ですが、右肩上がりで、可笑しな恰好に傾いているのは不測のことです。曲がりなりにも瑠璃釉という姿勢を保っているところに返って好ましさがあり、瑠璃色の斑らな調子にも動きが感じられます。

無疵・完品。

古伊万里瑠璃釉猪口 ( 江戸時代 )外径 5.4 cm – 高 5.4 cm / 御売約

藤原盆

夏の虫が葉のへりをかじり、きれいな半円形を作っている間、なにか別のことにかかずらっていると訳もなくふた月も経ってしまう。日に一本限りの列車を待つように随分待ってもう落葉がくるぶしまで積もっているかと思う頃に好きな物が見つかる。そうやって手にした物がどれほどの物かと問われては、せいぜい夏の虫の食った葉のようなものなのですが、最近、その小さな隙間くらいのことに興味が向きます。

藤原盆と云うと人の名と思われそうですが、群馬・藤原を産地とした生活用具の漆盆です。丸盆や扇の形をした朱漆の物は見かけますが、黒漆の四方盆と云うのは稀かと思います。鑿( のみ )による簡単な模様も粗削りな分、手触りまで目に映る感じがされます。酒器や敷台にと使いながら手元に置いてみると良い物だと云う事がしみじみ感じられそうで、一つ二つと酒器を盆上に並べてみてもよく応えてくれる感じがあります。

若干の反りと角の欠けは見られますが、坐りも安定していますので実用性も申し分ありません。

藤原盆 ( 明治頃 )37 cm / 売約済み

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

陶質土器小壺

千草の似合う灰色の陶質土器で、鉄さび色の胎土や灰の降りかかった斑らな色の対置が美しい小壺です。

すいと身をかわしてゆきそうな小柄な恰好で、掌の上に置いてみたくなる小品の好い気配を漂わせています。

口部に共色の直しが見られますが、丁寧に馴染んでいるために見た目には判らない好ましい補修です。

陶質土器小壺 ( 高麗初期 )外径 5.4 cm – 高さ 4.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

絵唐津酒盃

暢びやかな絵が変形を囲うように描かれていて、何処か馴染み易い印象を受けます。筒形の向付に較べて丈半分の恰好が親しみやさを醸しているのか、花や小鳥もなく、過分に力を込めていない絵様は余白が利いていて、なんの文様かと好んで考えてみたくなる佳さがあります。

酒盃と云ってもゆったりした物なので、あるいは御茶を味わうにも適した容かと試してみると猫のひたいのように感じられるかもしれませんが、手の形によく馴染み、片口にもなるなど利点も多いものと思います。

こちらはお預りによる委託品なのですが、身うちのものにめぐり合ったように気に入っていて、皆さまに見て頂きたいと考えたひと品です。光沢のない金で繕った直しがあり、細かな共継ぎが施されています。

古唐津酒盃 ( 桃山 – 江戸初期 ) 径 7.7 〜 9.9 cm – 高さ 5.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

丸盆

GEEP171

日延べされた夏を過ぎると、冬支度を前に短い時間がある。ナボコフの短編集が読みたいのですが、とても読み了りそうもない。雀の鼻より短いじゃありませんか──と扁平な顔の男が答える。”雀はもうとっくに南へ行きましたで”。ナボコフ風のこしらえ話であります。

鑿や鉋などによる刳り貫き盆です。大きく構えたものながら細やかな感情の通うもので、大味にならないのが好所かと思います。重みを増したように円熟した古色があり、明瞭な木目は近々と混じり合って、三々五々に散らばった酒器を一つところにまとめて置くと新鮮な気分が滲みます。

塑性変形と云うのか、乾燥による亀裂が口縁部に二箇所見られますが、実用には差し支えありません。平底、ガタつきもなく、立ち上がりも控えめで理想的な木味です。

丸盆 ( 詳細不明 )外径 42.8 cm – 高さ 3.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

李朝白磁徳利

GRHT161

李朝白磁でも乳瓶の形で、脂肪質のやわらかな印象のある徳利です。

白磁のその見た目にも感触にも和らぐ魅力は、生硬に語られるよりも、読み書きの手ほどきのように手にすることによって得られるものがあるので、すぐに巧みな力でとらえられてしまう。雨漏りと評して良いかは判りませんが、古色の好く呈したもので、厚みのある生掛けの釉薬には喉につまった石が溶けたような感触があり、日ごと愛着を増していく替えの利かない魅力があると感じます。白磁の傑れたものが様々にある中でも、殊更に好い感触を得られたものです。

胴部にひっつき、口縁部に小さなソゲとニュウ、高台外縁部にソゲがそれぞれ一箇所見られます。容量でおおよそ200ccと酒器に最も適した嬉しい寸法で、匂い、水漏れもなく、長く使って愉しんで頂けます。

桐箱が付属します。

GRHT160

GRHT165

GRHT162

李朝白磁徳利 ( 乳瓶 ) 外径 6.8 cm – 高さ 17.2 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分