ケルデル瓶

"このような酒瓶は、オランダ船の水夫たちが永い航海中に飲んだリキュールやジンを入れたもので、長崎港に停泊中にそれらの空瓶を海中に投棄していた。しかし、ビードロ( ガラスの意 )の瓶は、当時のわが国では珍品中の珍品であったから、水を入れて沈められたそれらの空瓶を、水中にもぐって拾い集め、高値で数寄者に売るものが現れた。"( ガラスの話 / 由水常雄 )

オランダのレールダム地方で作られたジンボトルということが現地のガラス美術館の研究史から判っているそうですが、肩の張ったもの、下がったもの、文字の入ったもの等、よく似た形態で時代を跨いで生産されていたようで、様々な作りの酒瓶を目にする機会があります。以前無色のガラス瓶を扱って以来姿に魅力を感じる物は中々見つけられていなかったのですが、大振りで、存在感の引き立った物を久々に見つける事が出来ました。実物を見なければ判断のつかないような物ですので、手に取ってご覧頂ければと思います。

ケルデル瓶( オランダ・18世紀 )幅 10.5 cm – 高 27.5 cm / 38,000円

メールによるご注文こちらから」

フランス銀杯

日本人の好みを写し取ったかのような形の銀器で、ホールマーク( 刻印 )に拠れば1700年代末頃、フランス・パリの工房による製造のショットグラス、あるいは薬を煎じて呑んだものかと想像させる筒形の小さな銀杯です。

イギリスの銀器に親しみのある方に"見たことのない形態"と評して頂いたのも嬉しかったのですが、こうした多面体のつくりはフランスに正統な意匠なのでしょうか。一般或る種の人々よりも裕福な家庭で所有されていた銀製品ですが、ジャン=ジャック・ルソーが活躍したような近世の時代に迄遡る旧物と考えると、表面だけでなくその作りの上からも想像力を愉しませてくれる気がします。

銀器揃いの中にあっても目を引く存在で、且つ実用性の高い清潔なコンディションを保っています。酒器や道具立てのひとつとしてお愉しみ下さい。

十二角柱銀杯( フランス 1785 – 1797年 )径 3.5 cm – 高 3.5 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

エナメル彩リキュールグラス

エナメル顔料を使ってガラスに絵付けする技法は少なくとも十八世紀には一般的といえる程に普及していたようで、海外では単色のものから金銀彩を使ったものまで多彩なガラス製品を見ることが出来ます。

こちらも形の特徴を見せながら"フランスらしい青色"で装飾された蒸留酒用のグラスで、花や文字のないシンプルな輪線文が二条廻っただけのもの。手元の酒器の数々の中に混ざって異国趣味が程よく馴染むようなデザインで、酒器のひとつとして長く置いておきたくなる小品かと思います。

西欧のガラスや白磁など、海外より到着した品物を十点ほど並べました。併せてご覧下さい。

エナメル彩リキュールグラス( フランス 20世紀前半 )口径 3.7 cm – 高 5.3 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

古裂

楓が紅に色づく手前の橙のような色、葉は蓬色で、染色の段階から濃淡の階調が表現された染織物です。本来長い尺のあった物を裁って敷物の幅に仕立て直されているもので、羊毛のような指触りの生地に銅版画の描線風の花模様が型染めされています。

着物木綿の裂ではないかと訊きましたが、私見ではウール( 羊毛 )を綾織した物と捉えています。更紗などと異なり厚手の裂というのも珍しく、茶器をならべたり、小さなものを飾る敷物として愛用したい裂です。

目立った傷みもなく、長くお使い頂ける良好な状態です。

古裂( 江戸時代 )14 × 43.5 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

初期伊万里蘭文盃

初期伊万里の盃をありふれた等質性のものと感じる方もいるかも知れませんが、器の繕いのベースは和紙によるもので、そこに漆を重ねていく方法で補作されたという盃です。

人の手の入った骨董に自然でないものを感じてしまう場合には、いっそ傷もののままであってくれたらと余分なものの存在を嘆くこともあるものですが、この盃の場合、繕いによって新しく独自なものに基礎づけられている感覚を共感していただけるのではないかと思います。

生掛けの釉薬によく似合った繕いで、蘭文の絵付けや釉調などバランスに長けた盃です。酒器や茶盃としても無理なくお使い頂けます。

初期伊万里蘭文盃( 江戸初期 )外径 6.5 cm – 高 4.5 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

黒漆三脚盤

根来の脚付盤と共通性の見られる円型の木台で、仏教美術との相性もよいのではと小像など飾ってみたくなった小盤です。盤面上層の黒漆の下には朱漆が僅かながら覗いており、用法は不明ながら寺院で用いられた小さな盤と捉えています。

一木造りで、轆轤で挽いた脚の上に帽子のつばのように張り出した盤があり、盤口縁部は鑿などの道具を使い手仕事で削り落とされています。おおよそ正円形であり、やや楕円形とも云える形でしょうか。味の良い台でもこのように建ちの低い円形のものはなく、朝鮮の餅台に似た素朴さもあり、酒器など持ち出して用いるよりも、やはり飾り台として見立てる方が合う物ではないかと思います。

脚の一部に亀裂が入っており、特に補修も施されていませんが、そのままでも差し支えない程度のものかと思います。

黒漆三脚盤( 江戸時代 )径 18 〜 19 cm – 高 5.3 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

十二角膳

十二角と云いながらも円形を基調とした角のとれたお膳で、忠州地方の小盤から天板のみを取り外し、お盆に置き替えた朝鮮の木工品です。

ソウルで買い付けたお盆もいよいよこちらを含めて僅か二枚となりました。反りはあまり感じられませんが、天板ゆえ若干のがたつきを伴います。

十二角膳( 李朝時代後期 )径 42.5 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」

李朝黒釉片口

李朝時代後期には白磁の片口が作られますが、黒釉の片口と云うのは余り見られないのではないかと思います。漆工品のような、あるいは石工品のような形象からは丈夫さが取り柄と見えなくもなく、正円形とは呼べない歪みを伴った形や艶のある茶褐色がバランスの良い成因と思われます。

見慣れない物を手にすると嬉しい反面、一人で国を背負ったように不安にもなり、あらまほしきことかなと頼りないのですが、黒釉( 天目釉 )の壺が溢れるほどある事とは対極で、あるいは目に入るような魅力が他の物になかっただけなのかもしれませんが、器物全体を通じて魅力的な稀ものの器だと思います。

一箇所のみ薄いニュウが見られますが、ほぼ完品と云ってよい状態の好さを保っています。

李朝黒釉片口( 李朝後期 – 末期 )外径 17.2 cm – 9 cm / 御売約

メールによるご注文 / お問合せこちらから」

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

古伊万里瑠璃釉猪口

年が明けて物事も緩やかに動き始めていますが、何となく消極的でまごついていたインスタグラムのアカウントを開設致しました。日曜版のようなつもりで、いままでのように身辺に持ち上った小さな出來事について話をつづけて行くつもりです。どうぞよろしくお願い致します。

古伊万里の覗き猪口と呼ばれる形ですが、右肩上がりで、可笑しな恰好に傾いているのは不測のことです。曲がりなりにも瑠璃釉という姿勢を保っているところに返って好ましさがあり、瑠璃色の斑らな調子にも動きが感じられます。

無疵・完品。

古伊万里瑠璃釉猪口 ( 江戸時代 )外径 5.4 cm – 高 5.4 cm / 御売約

藤原盆

夏の虫が葉のへりをかじり、きれいな半円形を作っている間、なにか別のことにかかずらっていると訳もなくふた月も経ってしまう。日に一本限りの列車を待つように随分待ってもう落葉がくるぶしまで積もっているかと思う頃に好きな物が見つかる。そうやって手にした物がどれほどの物かと問われては、せいぜい夏の虫の食った葉のようなものなのですが、最近、その小さな隙間くらいのことに興味が向きます。

藤原盆と云うと人の名と思われそうですが、群馬・藤原を産地とした生活用具の漆盆です。丸盆や扇の形をした朱漆の物は見かけますが、黒漆の四方盆と云うのは稀かと思います。鑿( のみ )による簡単な模様も粗削りな分、手触りまで目に映る感じがされます。酒器や敷台にと使いながら手元に置いてみると良い物だと云う事がしみじみ感じられそうで、一つ二つと酒器を盆上に並べてみてもよく応えてくれる感じがあります。

若干の反りと角の欠けは見られますが、坐りも安定していますので実用性も申し分ありません。

藤原盆 ( 明治頃 )37 cm / 売約済み

南方美術店 ( 12:30 – 19:00 )
世田谷・
二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分