李朝高杯

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫( @nekotekibunkahyakaten )
南方美術店( @minakata_bijutsu )
l:arm( @l_.arm )
高谷( @takeshi_takaya )

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

高杯
李朝時代
φ 14.8 cm

────────────

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫( @nekotekibunkahyakaten )
南方美術店( @minakata_bijutsu )
l:arm( @l_.arm )
高谷( @takeshi_takaya )

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

磬( けい )
朝鮮 或いは中国の音具
高句麗 – 三国 / 漢 – 随時代
φ 9.5 cm

────────────

南蛮茶器

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫
南方美術店
l:arm
高谷

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

南蛮茶器
16 – 17 世紀頃
高 7 cm

────────────

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫
南方美術店
l:arm
高谷

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

古銅四方形香炉
中国 清時代
高7.7 cm

────────────

李朝餅台

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫
南方美術店
l:arm
高谷

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

餅台
李朝時代
20 × 19.5 cm

────────────

石製勾玉

こっとう四人囃子 『 駄駄の会 』
《 出店 》
古美術 猫
南方美術店
l:arm
高谷

会期
2022年12月3日( 土 )11:00 – 18:00
2022年12月4日( 日 )11:00 – 17:00
会場 荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
*初日のみ朝10時より整理券を配布します

本年最期のイベントです。
古美術猫さん、高谷さん、l:armさんと四人で色々好きで蒐めたものを並べます。
どうぞお付き合いください。

石製勾玉
古墳時代
3.6 cm

────────────

古銅 霊牛口水注

出立ちが可愛いらしいのだかむっつりなのだか分からない水注で、『 水滴考 』に書載の同手品によれば"霊牛口水注"とある。蓋がなくなって間が抜けている分、筆を立てたりノートの書鎮としたり、水注といえど持て余すことなく活用できそうな文房具でもあります。

書載品と胴部の文様が異なり銅味もずっと佳いように思いますが、時代産地が判っておりません。日本の物であれば江戸くらいはありそうです。

古銅霊牛口水注 / 18,000円
高 6.2 cm

メールによるご注文こちらから」
別途送料600円、振込手数料がかかります。

呉須赤絵菓子皿

漳州窯の呉須赤絵と呼ばれる小さな盤。

盤というのは水を張ってその水面のゆらぎなどを鑑賞するための器で、閑かに遊ぎ廻る姿というのが、盤の中心に、上絵付けによって描かれています。

盤といっても五寸余りの器で、水菓子など盛る器に使えるのが嬉しいところです。空也の和菓子、アノ餡子の入った最中だろうと云われるのですが、生菓子が旨いのです──など盛って中国茶や珈琲などと併せて愉しみたいものです。

呉須赤絵菓子皿 / 御売約済み
中国 漳州窯
明朝末期( 1600年代 )
φ 16.8 cm

────────────

週末に開催の骨董市に出店させて頂きます。茶器など身辺にあったもの、使っていたものなど中心に細かなものを択んで行きます。

11月6日(日)
大江戸骨董市
東京国際フォーラム 地上広場
9:00 – 16:00

メールによるご注文こちらから」
別途送料600円、振込手数料がかかります。

11月6日(日)

中国茶と云うのは、茶器をもつと手離せなくなるものだと思う。寒くなれば暖をとるのに役立つし、盆や匣に収めたものの中から一つ茶盃を択ぶと云うのも、道草を食うのと似て経巡る愉しみがある。シェフェールと云う人の話では、一つの音を終わりからリバースして聴くと、もとの音より七倍も長いように感じられる"時間上の歪み"なるものがあるそうで、茶器をいろいろ出し入れしながら、閑とした時間を過ごすのがこの頃の愉しみです。

週末に開催の骨董市に出店させて頂きます。茶器など身辺にあったもの、使っていたものなど中心に細かなものを択んで行きます。

11月6日(日)
大江戸骨董市
東京国際フォーラム 地上広場
9:00 – 16:00

古筆 ( 御売約済み )
江戸時代前期
紙本

No.13 桝

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。
当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.13


江戸時代
w 16.5 – h 9 cm

一升桝というと1800mlの容量があって、映画の中で原節子が長火鉢を出して来たかと見えるような、まずまずの存在感があります。四方を囲った縁に竹を貼ってあり、花籠にも見立てられる味の深い木の道具です。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . ギャラリー鳥声 . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . 南方美術店