唐草文アルバレロ

2020年10月17日より2日間の日程で《 目白コレクション 》が開催されます。本稿では目白コレクション出品予定の商品をご紹介をさせて頂きます。どうぞお誘い合わせの上お越しください。

目白コレクション出品商品 2
唐草文アルバレロ
フランス・リヨン 或いは西洋諸地域
17世紀後半
外径 8.8 cm – 高 12.3 cm

胴の中央部がくびれた円柱状の筒型容器で、アルバレロ / またはアルバレッロ( albarello )と呼ばれる薬壺です。コバルトの単色で描いた唐草絵や上下に廻った帯状装飾などバランスに長けた佇まいかと思います。一般的なアルバレロの大きさからすると、ひと回り、あるいはふた回り小さな物です。目白コレクションにてご覧下さい。

目白コレクション 2020 秋
10月17日( 土 )12:00 〜 18:00
10月18日( 日 )10:00 〜 16:00
目白 椿ホール( 入場無料 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビルB1F
JR目白駅徒歩1分

http://www.mejirocollection.com/sp/

目白コレクションのご案内

2020年10月17日より2日間の日程で《 目白コレクション 》が開催されます。古美術の催事として参加させて頂いている数少ない行事のひとつで、店を構える以前から通わせて頂いていた思い入れのある催事でもあります。今春の開催は中止となっていたため、昨秋以来の開催です。当店は入口より右手奥に進んで頂き、会場右角の手前に出店させて頂きます。どうぞお誘い合わせの上お越しください。

目白コレクション出品商品 1
桜材木箱( 旅枕 )

桜の樹皮で作られた木箱です。江戸時代に旅枕として携えられた野趣あるもので、茶箱あるいは漆桶のような味深さを立方体の佇まいで所持した稀ものと惚れこんでいます。目白コレクションにてご覧下さい。

目白コレクション 2020 秋
10月17日( 土 )12:00 〜 18:00
10月18日( 日 )10:00 〜 16:00
目白 椿ホール( 入場無料 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビルB1F
JR目白駅徒歩1分

http://www.mejirocollection.com/sp/

企画展 玩具コレクション 《 2018. 9.22 – 9.30 》

MOC3

派手な宣伝もなく、いつの間にか始まり終わっているようなひっそりとした企画です。

鉄、木、刺繍、文房具、人形、オブジェ、古道具など、なかなか数の集まらないものを約50点揃えました。ほとんどが数千円という遊び心からなるものですが、価格なりに愉しんで頂けると思う物を丁寧に選ばせて頂きました。初心(うぶ)な気持ちと、これまで古い物を見ながら感じたこととを恥ずかしながら見て頂く機会としたいと思います。これから古い物を蒐めはじめるという方にも愉しめる企画展にしたいと思いますので、どうぞお誘い合わせの上お越し下さい。

※ 企画趣旨の都合上、ご購入頂いた品は会期終了後にお引取り / または郵送でのお渡しとなります。

その他、常設販売品も並びます。( 常設販売品は当日お持ち帰り頂けます。)

企画展 玩具コレクション
会期:2018年9月22日( 土 ) – 30日 ( 日 ) – 終了致しました –
時間:12:00 – 19:00 ( * 23日のみ休業日 )
会場:南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

企画展 5人のコレクション展 vol.1

G5C2

有名無名に関わらず、個人のコレクション品を展示する機会を設けたいと日頃より温めていた企画展をこの度開催させて頂くこととなりました。味わい深い鉄の道具、民藝、世界各地の民族のもの、西洋のもの、本格骨董まで、5人の個人蒐集家の集めた珍しいものを店内にて展示販売致します。

N氏 鉄と民藝
H氏 酒器
A氏 東南アジア王朝美術 / 安南古陶
M氏 西洋 / 民族もの
J氏 柿右衛門

*その他、上記以外のものも複数並びます。

企画展 5人のコレクション展 vol.1
会期 : 10/7(土)~10/15(日)
(会期中は全日営業いたします。)
時間 : 12:00 – 19:00
会場 : 南方美術店

順次、商品と併せて出展者のご紹介もさせていただきます。

南方美術店

春の鎌倉古美術展

明日より二日間、春の鎌倉古美術展に参加します。

http://buddhismart.ec-net.jp/2017-kamakura-haru.html

一階のフランク・ロイド・ライト風に建築された洋間と、二階の畳敷きの部屋とがあって、鎌倉の奥まった土地で、長閑な時間を感じられる避暑地のようなところに会場はあります。混雑もありませんので、皆くつろいでいます。古美術の話ばかりでなく、雑談などできるのがこの催事のよいところで、無用な線引きは存在しません。玄関にはウェルカムシャンパンなども用意されている和みようです。鎌倉観光がてら、お立寄り下さい。

春の鎌倉古美術展
会場 : 西御門サローネ( 旧里見弴邸 )
会期 : 2017年5月6日(土)- 5月7日(日)11時 – 17時30分

http://www.nishimikado-salone.jp/index.html

lobby_window

floorguide

南方美術店

セザンヌについて リルケ / 妻への手紙

Rainer_Maria_Rilke,_1900

画家は自分の見解を意識してはならないのでしょう(一般に芸術家がそうなのです)。省察による回り道をとらないで、画家の進歩は、彼自身にも不思議なくらい、すばやく仕事のなかへ入りこんで、その推移の瞬間には彼もそれを認めることができないくらいでなければなりません。ああ、そこで進歩を窺ったり、観察したり、引きとめたりする者には、あるちょっとしたことが狂っていたので、もう金ではなくなってしまったあの童話のなかの金のように、進歩が進歩でなくなってしまう…(セザンヌについて リルケ / 妻への手紙)

世はなべて事もなし、雨風が強く、読書の捗った一週間でした。レコードの整理をしたり、月末のイベントの準備を考えたりしながら、本業そっちのけではなく、よいものを見つけたりもしながら。

4/13-14(月曜日-火曜日)は買付けのため店舗はお休みになります。4/25-26に開催される『京都ふるどうぐ市』参加のため、4/23-4/28までの六日間をお休みとさせていただきます。開催準備の荷造りもあるため、商品をご覧になりたい方は来週くらいまでにお越しになられるとよいかと思います。

南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分