煎茶盆 – 月と蝙蝠 –

みなかた1人展
– 骨董品と読み終った本など –

日時
2023年1月7日( 土 )〜 1月15日( 日 )
12:00 – 19:00(最終日のみ18時迄)
場所
荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
荻窪駅北口徒歩5分

古美術骨董と読み終った本など並べた展示会を開催します。
会期9日間のマイペースな展示会です。
どうぞご笑覧下さい。

*予約不要( どなたでもご入場いただけます。)

煎茶盆 – 月と蝙蝠 -( 御売約済 )
青銅
明治時代
φ 22.5 cm

────────────

古銅水滴

みなかた1人展
– 骨董品と読み終った本など –

日時
2023年1月7日( 土 )〜 1月15日( 日 )
12:00 – 19:00(最終日のみ18時迄)
場所
荻窪ギャラリー
東京都杉並区天沼2-5-8
荻窪駅北口徒歩5分

古美術骨董と読み終った本など並べた展示会を開催します。
会期9日間のマイペースな展示会です。
どうぞご笑覧下さい。

*予約不要( どなたでもご入場いただけます。)

古銅水滴( 御売約済 )
江戸 – 明治時代
高 5.8 cm

────────────

古銅 霊牛口水注

出立ちが可愛いらしいのだかむっつりなのだか分からない水注で、『 水滴考 』に書載の同手品によれば"霊牛口水注"とある。蓋がなくなって間が抜けている分、筆を立てたりノートの書鎮としたり、水注といえど持て余すことなく活用できそうな文房具でもあります。

書載品と胴部の文様が異なり銅味もずっと佳いように思いますが、時代産地が判っておりません。日本の物であれば江戸くらいはありそうです。

古銅霊牛口水注( 御売約済 )
高 6.2 cm

メールによるご注文こちらから」
別途送料600円、振込手数料がかかります。

No.06 硯箱

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。
当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.06

硯箱
李朝時代
28.5 × 20.5 cm

朝鮮の木箱は形の収まりもよく、卓上のこまごました物を入れておくのに良い物です。木味がよく、簡単なペディメント風にデザインされた脚の形もよし。底板は後補のため、生地を敷いてあります。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . ギャラリー鳥声 . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . 南方美術店

七宝六面体水滴

展示会出品商品のご案内です。

2.七宝六面体水滴
17 – 18 世紀
⌀ 5.2 cm – 高 4.7 cm
合箱

マルメロの色に似た綺麗な実の色が表現されていると感心した七宝製の水滴で、このように細密に描写されていない、言わば様式化された図柄をみても、筆文化にまつわる道具の魅力というものに益々惹かれてしまいます。銅の表面に硝子質の釉薬で文様を焼きつけた七宝製で、硯に水を落とすために用いられていたものです。

会場にてご覧下さい。

—–

『 こっとう四人囃子 – 駄駄の会 – 』
2021.12.04日( sat )- 5( sun )
11:00 – 18:00

会場 : 荻窪ギャラリー
http://ogikubo-gallery.com/
東京都杉並区天沼2-5-8
荻窪駅北口 徒歩4分
03-6899-1703

※整理券は当日朝9時より配布します。

出展者一覧
古美術 猫
南方美術店
レルム
高谷

中国蒔絵筆

中国の伝統的な様式をそのまま表した意匠かと思いますが、ヨーロッパにおけるシノワズリーの流行にありそうな唐草模様の絵筆で、象牙の柄に蒔絵を散らすなど工夫を凝らした逸品です。中国の高位の僧によって寺院等で使われていた物でしょうか。あまり扱ったことのない分野で知識として足らないことばかりですが、幾分外の空気をまとわりつけているのが新鮮に映ったのかもしれません。絵筆など使うような高い趣味もなく、ただ箸を転がすように可笑しがるという無為を得意とする方に推します。

箱に明製象牙蒔絵筆の書き記しがありますが、浅学にて時代考証まではできておりません。一部亀裂の入った箇所はありますが、概ね良い状態を保っています。

中国蒔絵筆 / 御売約( sold )
時代不詳
19.5 cm

特定国際種事業許可番号( 象牙製品取扱い )No.00764

李朝文鎮

今月末開催・展示会出品商品のご紹介です。

5. 李朝文鎮
19世紀
2.2 × 2.2 – 21.2 ( cm )

御売約

朝鮮時代に用いられていた文鎮では漆で仕上げたのみの無装飾な物で、簡潔な文具としての形に魅了された道具です。円い鉄芯の入っていた空洞を利用して壁に掛ける花入れに見立てています。

古美術展示即売会 あなぐり
会期 : 2021.02.27 ( 土 )- 28( 日 )
時間 : 11:00 – 18:00
会場 : BOOTLEG gallery
東京都新宿区改代町40 / 地下鉄東西線・神楽坂駅1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . toripie . 南方美術店

企画展出品商品のご購入は会場のみ、会期終了後に通販可能な商品もありますのでお問合せ下さい。
( 各店舗ごとに対応は異なります。)

李朝石硯

巷では暖冬が話題にのぼるほど穏やかな日が続いていましたが、今週は韓国で買い付けの為しばらく不在にします。二月のソウルは氷点下七度、八度と、随分寒いことを云っていて、いちばん寒い日でも着たことがないようなもの、熟練した職人たちを呼び寄せて新しいコートを作るか、熊の皮のおおいを丸ごと被るかして臨みたいものです。

ご紹介は李朝の石硯。旅硯として携えた親指大の小品。石匣のような佇まいのよさはありませんが、摩滅した消耗感に好ましさがあります。

11日から14日は休業、15日は開封作業をしながらの営業、翌16日は都合により休業致します。ご来店の際は営業日をご確認の上お越し下さい。

石硯( 李朝時代末期 )6.4 × 3.6 cm / 御売約

白釉ポット ( イングリッシュデルフト )

GEDC104

寒さに雪を伴ってしまうとただ日を繰るばかりで、窓覆いを引き下して暖をとり、温かい御茶を沸かしては飲みという日が続きます。趣味や読書に思い耽り、しばらく無聊( ぶりょう )をかこつと、いつの間にか跡切れるようにして雪は溶けているという具合で、寒い寒いとひとりごちていた日も、離れてゆこうという段になると惜しまれるのが不思議です。

オランダのデルフト陶器にもイギリスで作陶されたイングリッシュデルフトと云うものが在ります。穏やかと言うと白くて柔らかいとか、目に優しいなどと云いますが、ここで云うのは新しい杉の鉛筆や、一綴りの紙片などの書き物に交じって、端なく置かれたものに対する親密さのようなものかもしれません。

口縁部に僅かに釉剥げが見られますが、嬉しいことにかなり好い状態で残っています。ニュウの他、中心から二つに割れてしまった物を丁寧に溶着した痕が見られます。

GEDC101

GEDC102

白釉ポット ( 17 – 18世紀 ) 外径 4.7 cm – 高さ 3.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

安南青花鳥文壺

GASK130

朱印船貿易以前に作られた古手の安南染付で、鶉のように小さく丸まった壺に花鳥の染付が描かれています。

書画をルーツにもつ所以からか、絵筆による薄い青一色の染付にも技巧のみならず文化としての聲がきこえる様で、灰色の胎に薄い白化粧を施した肌に長閑さを感じていますと、何処からともなく春の訪れを迎えたような心持ちになります。

海底の泥の中にあったことで美しい釉調を保つことのできたもので、当時の中でも出来の良い名品に属するものであったのではないでしょうか。安南古陶に関心のなかった方にもこれならばと親しみを感じて頂ける物のように思っています。

GASK131

GASK133

GASK134

安南草花鳥文小壺 ( 15 世紀頃 )外径 5 .5 cm – 高さ 5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分