筆筒( 古瀬戸の窯道具 )

gsh173

見立ての筆筒によい趣きの窯道具で、陶器のひっつきがないよう窯の中で用いたトチンと呼ばれる道具です。底のないものもあり、底があってこれだけ景色のよいものはありそうでないように思います。

筆筒(ひっとう)と聴くと、何か耳に聡い言葉を聴いたような、文人が文を綴り、詩を書く、その傍らで黙していたもの、高貴なものという想像が独りでに働き、形や、物の来歴の次第に心に訴える何事かがあるようで、どうも負けます。そういう僻見を除いても、物の魅力は充分です。

古瀬戸の窯道具(トチン)外径 7 cm – 高さ 11 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

織部茶巾筒(麦藁手)

GORC181

親指ほどの小さな筒に、麦藁の絵筆がとおった茶巾筒。

茶道具として用いるものではありますが、西の絢爛さのようなものはなく、初心(うぶ)で、まるで恋の唄でも聴くようなかわいらしさに拝眉して、久方に心が和んでいます。

茶巾筒としてばかりでなく、皆さまの生活に合った使い途を立てて、永く付き合って戴きたい物です。

GORC180

織部茶巾筒(幕末〜明治)外径 2.7 cm – 高さ 5.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

骨董
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

ローマングラス《碗》

GRGW101

川瀬敏郎さんの 『一日一花』 でも雪餅草などを生けて使われているローマングラス碗。こちらはシリア出土のローマングラス碗で、銀化した多彩な硝子の碗というのは初めて知る美しさです。色よりも姿に重点を置いて、『碗』という形に魅了されてしまった。ボードレールの云う《思いがけない美しさ》というものかもしれない。

「碧」という文字は(みどり、あお、あおい)などと読めて、あおと読めば青寄りに、「みどり」と読めば緑寄りに強調される不思議な言葉らしいのですが、この碧色は硝子の不純物による緑寄りの碧。銀化した膜がガラスに貼り付いて、剥落した箇所と光彩の残った箇所とが併存した美妙なバランス。器内部の土汚れは定着していますが、手で触れると膜と共に剥落し易いものですので、そのままの状態にしてあります。目視での状態確認が難しいものですが、ガラス内部にヒビや欠けなども見られず、状態の良いものと見えます。

夏の涼や、冬の気持ちに沿う花入れとしてもお愉しみ下さい。

合箱が付属します。

川瀬敏郎さんの 『一日一花』 は こちら から

GRGW102

GRGW103

GRGW104

GRGW105

ローマングラス《碗》(シリア出土)外径 7.8 cm – 高さ 7.3 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

李朝小徳利

grst151

身振りを慎んだように小さな形に、粉引きのような肌をした堅手の小徳利。

滑らかに成形されているのは頸部から口部のほんの僅かに過ぎず、胴から平底に向かっては篦を以て面を取った珍しい形をしています。器物と云うよりはむしろ彫刻のように全體を形づくったものの様で、堅手の手取りの重さが、一層彫刻らしい印象を興させるのかもしれません。

嬉しい事に、無疵です。

grst155

李朝小徳利(15-16世紀)外径 6.3 cm – 高さ 8.9 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

日本の漆塗りの小抽き出し

P1120014

李朝の書案に置く物として長く探した小抽き出しで、筆入れのように奥行きのあるものです。大きさに随分こだわりましたが、佇まいとしても静かで、中国にも似たものがありそうですが、もしあれば絵がありそうで、このシンプルな日本の小抽き出しが一番でした。材は軽めです。

漆塗りの小抽き出し(日本)横幅 8.9 cm – 奥行き 18.2 cm – 高さ 10.6 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)


『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

織部面取筒器

g16-3

何年蒐集していても未だ見た事のない形をしたものが在るもので、実際手にすると首を傾げて少時考え込んでしまうような珍しいものです。

織部の茶陶で新風を打ち立てようと様々に意匠を凝らした実験作の1つのようでもあり、実際発掘の手ですから、失敗と思った物を放棄したものが掘り起こされて、今になって物事に抜け目のない者の心を困らせているに過ぎないのかもしれません。

香炉に似たつくりのものがありますが、向付けよりも小さな姿で、見込にまで施釉がされており、糸切りの高台の中央部は指で押して底上げをしたと思われる窪みがあり、湯が冷めにくいよう工夫を凝らした茶陶としての試みを感じさせる作りのように思えます。

美濃のつくりを感じさせる美しい釉調が見所です。

一晩で水がじわりと染み出ましたので、水を入れる場合は落しをご使用下さい。

織部面取筒器(桃山時代周辺)外径 5.5 cm – 高さ 7 cm / 売約済み

李朝初期白磁小壺

g18-1

手の平に収まる形のよい小さな小壺で、口を折り曲げた形もかわいらしく、白磁の釉調にも品があって本当に瑞々しい。こうしたそこはかとない魅力というものは初めから価値があるのではなくて、これらを感じる人の心によって初めて価値がもたらされるものかもしれませんが、初期白磁の尊さと、立ち居のおとなしい清楚な姿とが、内から心を働かせてくれるようでしんみりと温かくやさしい感じがします。長く蒐集に努めて食傷気味という方にも、こうした物を手にして頂いたらどうだろうと内心に感じています。

完好品。

g18-2

g18-3

g18-5

g18-4

白磁小壺(李朝初期)外径 8.5 cm – 高さ 5.2 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

清朝染付小皿(五客)

g54g6

g54g3

釉剥げ、ノミホツ、ホツ、浅いニュウがありますが、好い状態を保っています。

清朝初期 染付小皿(五客)外径 約 9 cm – 高さ 2.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

黒高麗塩笥茶碗

g115h

塩笥(しおげ)は塩や味噌を入れた小さな壺で、茶人が茶碗として用いた古陶でもあります。あるいは茶席で火入れとしたり、その形から見立ての道具として用いられたようですが、現代では珈琲カップにするつわものもいるようで、呑める器であれば何でも酒器にという酒徒はもちろん酒器とします。

黒褐色と云うべきか、これは大変に見事な色で、いいものを見つけたという気がしています。丁寧な金繕いで見た目にも美しい直しが施されています。しかしながら惜しまれるは水漏れのあることで、口部から筋状に入った細ヒビ二箇所とピンホールのような小さな穴から水がじわりと染み出ます。いずれも側面からのもので、水が染みるだけなので簡単な補修(応急処置)対応で済みますが、ご承知置き下さい。

合わせ箱が付属します。

g173g

g172g

g116h

g117h

黒高麗塩笥茶碗(李朝期)口径 6 × 6.8 cm – 胴径 11.5 cm – 高さ 7.4 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分