抽象文ポット

抽象文ポット
南イタリア ( 19世紀 )
外径 18 cm – 高 11 cm

西欧民藝にも色々な窯があって、この壺絵の描かれたポットは南イタリアの窯で作られた陶器だそうです。手付き陶で胴部が外側に張り出したフォルムで、おおらかな曲線という壺にありがちな型でもなく、バランスを見ながら独自の形に至る感覚があります。壺絵には難題と思える抽象文もバランスを発揮しています。

──

会場にてご覧ください。

『 2022年春 目白コレクション 』( 入場無料 )
4月16( 土 )12:00 – 18:00
4月17日( 日 )10:00 – 16:00
目白 椿ホール( 目白駅徒歩1分 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビル地下1F