No.04 李朝白磁徳利

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。
当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.04

李朝白磁徳利
李朝初期
h 16.2 cm

白磁といっても純白ではなく形容しがたい色の徳利です。形にハリがあり、艶があり、色がよく、単調な灰色一色と違った清新さのある白磁、少し目線を落とした角度が好みです。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . ギャラリー鳥声 . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . 南方美術店

No.03 チャーチベンチ

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。
当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.03

チャーチベンチ
イギリス・18世紀
横 99 – 奥行 46 – 座面高 42.5 – 背凭高 116( cm )

ダニエル・ビュランのような縞模様状の背凭れのある長椅子で、厚々とした総オーク造りの教会用ベンチです。聞けば通常チャーチチェアは家具職人任せで製作されるのが一般的らしいのですが、この長椅子は教会を建てる際に建築家が教壇、ベンチ、椅子などの家具類もデザインしたものではないか──との事でした。座面のガタツキなどもなく、そのまま椅子として実用できるコンディションです。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分
出展者 : IMADO . うまのほね . ギャラリー鳥声 . 古美術花元 . 書肆逆光 . 志村道具店 . トトトト . 南方美術店

No.02 Thomas Cooper Gotch

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。
当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.02

Thomas Cooper Gotch
1880
エッチング

19世紀のイギリス人画家によるエッチング。イリヤ・レーピンの描く労働者のようなリアリズムによる描写で、この迫真性とヘンリー・ダーガーの描く幼女のような上半身とのギャップが決然とした堅い雰囲気を和らげる役目を果たしているようにも思われます。 赤・青の枠線で縁取った額装にも作品に対する思いが込められているようで、装幀の美しい本のようなまとまりがあります。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分

出展者
IMADO
うまのほね
ギャラリー鳥声
古美術花元
書肆逆光
志村道具店
トトトト
南方美術店

No.01 鉄鋏 ( オランダ )

古美術展示即売会 あなぐり vol.2

昨年二月の展示会からおよそ一年半振りの開催です。Instagram公式アカウント( @anaguri8 )でも出展者による商品紹介が始まっています。当店のテーマは「 古美術とアート 」です。目先を変えず、好きな分野で臨みます。どうぞご覧ください。

────────────

No.01

鉄鋏
オランダ
18世紀

構造物としては既知の道具であっても鉄のみで組み上げられてみると違った印象があり、どことなく線対称の図形のようにみえたり、丸刃によるヴァリエーションも見たことのない形の面白い道具です。

────────────

古美術展示即売会 あなぐり vol.2
日時 : 2022.9.24(土)11-18時 25(日)11-17時
会場 : 東京・神楽坂 "BOOTLEG gallery"
東京都新宿区改代町40
地下鉄東西線「 神楽坂駅 」1b出口徒歩7分

出展者
IMADO
うまのほね
ギャラリー鳥声
古美術花元
書肆逆光
志村道具店
トトトト
南方美術店

実店舗閉店のお知らせ

2022年7月某日をもちまして東京に構えておりました実店舗を閉店させて頂きました。皆様へのご報告が遅れましたこと、お詫び申し上げます。 

今後はこれまでと同じく催事の参加、定期的な企画展等によって皆様の前に立てればと考えております。9月には東京・神楽坂にて開催の"あなぐり"、10月は"目白コレクション"と引き続き参加をさせて頂きます。

皆様からの多大なる御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。今後も変わらぬ御支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

令和4年8月31日
南方美術店

金彩ガラス小瓶

今週末開催の第3回 浜松町骨董アートフェアに出店させて頂きます。夏の日盛り真っ只中に暢んびりと涼みを得ながら回れるような屋内開催の蚤の市です。幾分力のこもった物やら、気の利いた物やら、30点程の出品を予定しています。お立ち寄りください。

金彩ガラス小瓶
ヨーロッパ( 19 世紀 )
古箱・振出栓付

アルフレート・ロラーによるグラフィックのような近代性を感じさせる図案で、型吹きの硝子のフォルムに合わせて展開されたシンメトリックな図様が目を惹きます。西ヨーロッパからの渡来品なのか古い箱に収められた時代物で、近代工藝の粋を尽くした硝子工藝の趣があります。会場にてご覧ください。

────────────

浜松町骨董アートフェア( 第3回 )

2022年7月23日( 土 )10:00 – 17:00

2022年7月24日( 日 )10:00 – 16:00
( 入場無料 )
東京都立産業貿易センター浜松町館3階
東京都港区海岸1-7-1 ( JR浜松町駅徒歩5分 )

漆絵膳

漆絵膳
江戸時代
30 × 30.2 cm – 高 8.7 cm

絵変り盆の中の一枚と思われる産地不詳の漆絵膳です。御膳自体はどの地方時代にもありそうな素軽い
作りで、朱漆塗の盆の表に江戸琳派の絵師によるような秋草絵が画かれています。可憐な画ながら時代なりに擦れて枯淡に差し掛かっているのが見所で、盆上に乗せた物もなかなかに見栄えさせてくれます。

会場にてご覧ください。

──

『 2022年春 目白コレクション 』( 入場無料 )
4月16( 土 )12:00 – 18:00
4月17日( 日 )10:00 – 16:00
目白 椿ホール( 目白駅徒歩1分 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビル地下1F
@mejirocollection

抽象文ポット

抽象文ポット
南イタリア ( 19世紀 )
外径 18 cm – 高 11 cm

西欧民藝にも色々な窯があって、この壺絵の描かれたポットは南イタリアの窯で作られた陶器だそうです。手付き陶で胴部が外側に張り出したフォルムで、おおらかな曲線という壺にありがちな型でもなく、バランスを見ながら独自の形に至る感覚があります。壺絵には難題と思える抽象文もバランスを発揮しています。

──

会場にてご覧ください。

『 2022年春 目白コレクション 』( 入場無料 )
4月16( 土 )12:00 – 18:00
4月17日( 日 )10:00 – 16:00
目白 椿ホール( 目白駅徒歩1分 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビル地下1F

絵唐津皮鯨茶盌

『 2022年春 目白コレクション 』に参加致します。

今回は会場左奥のブースに出店場所を変更しています。テーマは常のごとく設けていませんが、和洋問わず30点ほど出品させて頂きます。

──

古唐津皮鯨茶盌
江戸時代初期
安田靫彦 旧蔵品
径 10.1 – 13.4 cm – 高 6.8 cm

──

会場にてご覧ください。

『 2022年春 目白コレクション 』( 入場無料 )
4月16( 土 )12:00 – 18:00
4月17日( 日 )10:00 – 16:00
目白 椿ホール( 目白駅徒歩1分 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビル地下1F

縄文土偶

『 2022年春 目白コレクション 』に参加いたします。

今回は会場左奥のブースに出店場所を変更しています。

──

縄文土偶( 胴体 )
縄文時代晩期
幅 9.4 cm – 高 11 cm -台座含む高さ 15.7 cm

会場にてご覧ください。

──

『 2022年春 目白コレクション 』( 入場無料 )
4月16( 土 )12:00 – 18:00
4月17日( 日 )10:00 – 16:00
目白 椿ホール( 目白駅徒歩1分 )
東京都豊島区目白1-4-8 デサントビル地下1F