西洋のタイル

GPT102

地形に恵まれた土地には小さな町があって、山や海が光に映って、それ自体が美しいのか、光が美しいのか解らなくなるような気がします。セザンヌが歩いたオレンジ林など、国内に居ては感じられないような色がそこかしこに落ちていて、地中海の土地で描かれたものを目にすると、西洋の風土の穏やかさを僅かでも感じたような、新鮮な林檎を齧った匂いがしてくるような、異国情緒が感じられる気がします。

七センチ四方の小さなタイルで、スペインかとも思いましたが、これはポルトガルの物なのだそうです。こうした色彩が壁や暖炉に使われているなど、美味しい夕食の賑やかな音が聞こえてくるようで、小さな温もりを微かに感じてしまいます。デルフトのタイルと較べると1/4スケールの小品ですが、情味があって可愛らしいのに、剥落した壁画のような古格を愉しむことも出来る一枚かと思います。

西洋のタイル ( ポルトガル 19世紀頃 ) 6.9 × 6.9 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分