企画展 5人のコレクション展 vol.1

G5C2

有名無名に関わらず、個人のコレクション品を展示する機会を設けたいと日頃より温めていた企画展をこの度開催させて頂くこととなりました。味わい深い鉄の道具、民藝、世界各地の民族のもの、西洋のもの、本格骨董まで、5人の個人蒐集家の集めた珍しいものを店内にて展示販売致します。

N氏 鉄と民藝
H氏 酒器
A氏 東南アジア王朝美術 / 安南古陶
M氏 西洋 / 民族もの
J氏 柿右衛門

*その他、上記以外のものも複数並びます。

企画展 5人のコレクション展 vol.1
会期 : 10/7(土)~10/15(日)
(会期中は全日営業いたします。)
時間 : 12:00 – 19:00
会場 : 南方美術店

順次、商品と併せて出展者のご紹介もさせていただきます。

南方美術店

古唐津平盃

GKKK130

蒼味をおびた灰色の、日が差したように明るい色が映っている平盃で、口縁部に黒い縁取りのされた“皮鯨”という手の古唐津です。

他から際立っているというよりも、居心地よく、肯定的な空気が漂っていて、人にそれと分からぬように影響を与えるような、折り目正しい姿をしています。些細な点までも好い気配に覆われて、喉につかえた不安のようなものもなく、酒器として愉しみながら持って頂きたいものです。

口縁部に銀直し、銀直しの一部に小欠けが見られます。

古唐津平盃 ( 箱付 ) 外径 10.5 cm – 高さ 3 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

春の鎌倉古美術展

明日より二日間、春の鎌倉古美術展に参加します。

http://buddhismart.ec-net.jp/2017-kamakura-haru.html

一階のフランク・ロイド・ライト風に建築された洋間と、二階の畳敷きの部屋とがあって、鎌倉の奥まった土地で、長閑な時間を感じられる避暑地のようなところに会場はあります。混雑もありませんので、皆くつろいでいます。古美術の話ばかりでなく、雑談などできるのがこの催事のよいところで、無用な線引きは存在しません。玄関にはウェルカムシャンパンなども用意されている和みようです。鎌倉観光がてら、お立寄り下さい。

春の鎌倉古美術展
会場 : 西御門サローネ( 旧里見弴邸 )
会期 : 2017年5月6日(土)- 5月7日(日)11時 – 17時30分

http://www.nishimikado-salone.jp/index.html

lobby_window

floorguide

南方美術店

安南青花鳥文壺

GASK130

朱印船貿易以前に作られた古手の安南染付で、鶉のように小さく丸まった壺に花鳥の染付が描かれています。

書画をルーツにもつ所以からか、絵筆による薄い青一色の染付にも技巧のみならず文化としての聲がきこえる様で、灰色の胎に薄い白化粧を施した肌に長閑さを感じていますと、何処からともなく春の訪れを迎えたような心持ちになります。

海底の泥の中にあったことで美しい釉調を保つことのできたもので、当時の中でも出来の良い名品に属するものであったのではないでしょうか。安南古陶に関心のなかった方にもこれならばと親しみを感じて頂ける物のように思っています。

GASK131

GASK133

GASK134

安南草花鳥文小壺 ( 15 世紀頃 )外径 5 .5 cm – 高さ 5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

江戸硝子盃

geg100

色硝子、うすはり、細かな面をとったもの、一寸小さなもので丁寧につくられているものなど、いくつもの硝子が並んでいます。

酒器としてコンディションのよいものになっているのも嬉しいところですが、ひとつ目の端に置いてあることに嬉しさなど感じていただけたらと思います。

geg101

geg102

geg104

江戸硝子盃 ( 江戸幕末 – 明治初頭 )15,000円 ~ 22,000円 ( 全10種 )6点御売約

「メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

李朝 鉄瓶

grtb126

朝鮮北西部、中国との国境に近い地で作られていたという鉄瓶。幾枚かの鉄を張り合わせて作った繋ぎ目とフォルムの美しさが相まって、美妙なバランスを形成していると感じます。探しておられた方も多いのではないでしょうか。

内部に錆が出ているため、丁寧に錆を落としてから煎茶など沸かして根気よく使ってゆくことで実用される方もおりますが、花入れや鑑賞として愉しまれる方が無難かと思います。

清朝中期の物とされる事もありますが、土地の性質上、清朝 / 李朝どちらと言っても差し支えないものとされています。

嬉しいことに水漏れもなく、花入れなどにも扱いやすいものです。

grtb123

grtb122

李朝 鉄瓶 ( 1750 – 1820年頃 )外径 16 cm – 高さ 16.8 cm – 把手高さ 27.5 cm / 売約済み

「メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

スリップウェア陶片

gswt120

陶片は資料からは得られない知識を補ったり、実際の陶器を手にして仔細に観察して学ぶために使われる標本のようなものですが、中にはその欠け方、割れ方そのものに惚れ込むためだけに存在しているかのような物があるような気がしています。

英国のスリップウェアは主にパイ皿として使われた物ですが、十八世紀の物ともなると完品など手に入るはずもなく、陶片さえほんの小さな欠けらというものが殆んどで、ただ資料として持つのも退屈なのでずっと気に入るものを探していました。

温かなものと云うよりは、感情の暗い道を通って、感受性の奥を刺激されるような感覚でもあります。小さな器としてもお使い頂けますが、机右に置いて思索されるのにも興味深いものと思います。

gswt121

gswt122

gswt126

gswt123

スリップウェア陶片 ( 英18-19世紀 )10.8 cm × 7 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

朝鮮祭器

grbd140

スッカラという真鍮を薄く叩いて伸ばした匙がありますが、同様に真鍮で作られた金属製の祭器です。円柱状の脚に正四角形、丸形などの台が付いたものがあり、個人的には長方形の物が一番好みで飾り台として用いるのに大変綺麗に見せてくれる物でもあります。滅多にないものですので手放したくない程なのですが、そういうものこそ欲しがられる物でもあるために私欲を慎んでおります。大切にして頂けましたら幸いです。

台表面に拭きシミなど見られますが、その他好い状態を保っています。

grbd141

grbd142

grbd143

grbd144

朝鮮祭器 ( 真鍮 )15.3 cm × 24.6 cm – 高さ 6.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

縞硝子コップ

gg144

陶器では数百年も前のものが幾らでもあるかのようなのに、日本の古い硝子と云うとせいぜい江戸末〜明治の頃の和ガラスを目にする程度で、江戸中期の薄い吹き硝子など博物館でもあまり目にするような機会がないように思います。手の込んだ硝子はほとんどが西洋からの輸入に頼っていたとはどこかで読んだ話ですが、古渡りとして輸入されていた硝子はビードロや義山(ギヤマン)などと呼ばれて大変貴重なのですが、この硝子は古渡りの注文にも思える薄手の造りで、縁に金彩を施し、鎬(しのぎ)のように細やかな面を取った古いバカラの硝子のようでもあります。

ワイングラスなど脚の付いたものと比べてもコップ形のグラスはヨーロッパでも極めて数が少なく、寸法を含めて酒器向きの古いグラスを捜すのは大いに苦労するところです。嬉しいことに疵もなく、程度のよい完好品です。

gg141

gg142

gg143

縞硝子コップ( 十九世紀 )口径 8.5 cm – 高さ 9 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

柿右衛門 濁手茶碗

GKHC100

濁手と云う純白の色をした磁器の白は、白を帯びているというよりもむしろ白が保存されているといった色をしています。古色のある侘陶のそれは求められないのですが、瑞々しさや色香においては別の意識で以って魅力をそなえており、無地の白磁碗が顔にそっと引き寄せられるとき、華奢な手でこの碗を包み持つ、女性の姿を器物に映すためかのようでもあります。

縁円周をぐるりと鉄釉で色付けし、木炭による簡素なデッサン画や、一篇の詩のように形を整え、盛夏の候に涼みを得られる夏向きの茶碗です。口縁部に窯疵、高台にソゲが見られますが、概ね良い状態を保っています。

GKHC101

GKHC102

GKHC103

GKHC105

GKHC106

柿右衛門 濁手茶碗 延宝 – 元禄期 ( 1670 – 1690年代 ) 口径 11.7 cm – 高さ 5.7 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

骨董古美術古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分