朝鮮祭器

grbd140

スッカラという真鍮を薄く叩いて伸ばした匙がありますが、同様に真鍮で作られた金属製の祭器です。円柱状の脚に正四角形、丸形などの台が付いたものがあり、個人的には長方形の物が一番好みで飾り台として用いるのに大変綺麗に見せてくれる物でもあります。滅多にないものですので手放したくない程なのですが、そういうものこそ欲しがられる物でもあるために私欲を慎んでおります。大切にして頂けましたら幸いです。

台表面に拭きシミなど見られますが、その他好い状態を保っています。

grbd141

grbd142

grbd143

grbd144

朝鮮祭器 ( 真鍮 )15.3 cm × 24.6 cm – 高さ 6.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具 南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

古九谷香炉

gkk71

三つの画題(松、竹、梅)が文人の理想を描いたもの──とは何処かで読んだ覚えがあるものの、そうした型についてとんと関心を持てないために、時々に生ける花であったり、季節に応じて正面の向きを変える少しの所作の方についつい愉しみを覚えてしまいます。

南画など見ていると、人生のかなり深刻な問題を扱っているとは気づかれぬように、わざとどこにでもあるものを描いていると感じることもあって、何も始まらず、何も起こらない1日の憂いが、平凡な問題ながらに不安に満ちていることを、何とかおかしみにしようという試みもあろうかという気がします。

古九谷など手にするのは実のところ初めてで、香炉などは別段使わないのですが、そこに構図として描かれているものが清々しい。多色でも、金彩がよく残っているでもなく、色は剥落に傾いているのに、却って生彩豊かなものに映るのは日本人の美意識に拠るものでしょうか。その癖、寂しい感じがしないので、精神上のより重要な温かさが灯っているようにさえ感じられます。

火舎(ほや)と呼ばれる香炉の蓋は純銀のものが誂えられており、香炉とよく調和がとれています。縁に古い金繕いの他、疵が見られるのは少々惜しいところではありますが、未だ鑑賞の生命を保っていますので、長く手元に置いて愉しんでいただきたい物です。

古箱が付属します。

gkk72

gkk73

gkk74

gkk75

gkk70

古九谷香炉 ( 江戸前期 ) 外径 7.4 cm – 高さ 7 cm / 価格はお問合せ下さい

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

骨董古美術古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

柿右衛門 濁手茶碗

GKHC100

濁手と云う純白の色をした磁器の白は、白を帯びているというよりもむしろ白が保存されているといった色をしています。古色のある侘陶のそれは求められないのですが、瑞々しさや色香においては別の意識で以って魅力をそなえており、無地の白磁碗が顔にそっと引き寄せられるとき、華奢な手でこの碗を包み持つ、女性の姿を器物に映すためかのようでもあります。

縁円周をぐるりと鉄釉で色付けし、木炭による簡素なデッサン画や、一篇の詩のように形を整え、盛夏の候に涼みを得られる夏向きの茶碗です。口縁部に窯疵、高台にソゲが見られますが、概ね良い状態を保っています。

GKHC101

GKHC102

GKHC103

GKHC105

GKHC106

柿右衛門 濁手茶碗 延宝 – 元禄期 ( 1670 – 1690年代 ) 口径 11.7 cm – 高さ 5.7 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

骨董古美術古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

高麗箸

gkb180

箸が転んでも可笑しい年頃──などと云ったものですが、こちらは箸に惚れこみ、目の前に箸があるだけで転げるほどに愉快なのですから、なかなか困っています。

鎌倉の仏画や、室町の古画の剥落を見るように、古銅の緑青が雲煙に霞んだ竹林が一段と深い緑に見えるごとく呈しています。この四角柱、六角柱のひとすじの線が、どのような彫刻も及ばぬ線の美しさを持っていると自分だけが気付いたように喜んでいるのですが、高麗箸を火箸に使うという話を訊いたこともあったように思うので、古くから評価を受けている物なのかもしれません。もし使い途がなかったとしても何かのよすがとなりそうで、二月堂机の机右に置いてじっくりと眺めて暮らしたいような、どうも人には伝わりにくそうな呑気な空想に耽っています。

土の付着したものは四角柱、もう一方は六角柱で一端に装飾が見られます。金閣、銀閣などと言って2つを較べていましたが、色の出方では前者、線の美しさでは後者に軍配が上がるものと思います。

gkb184

gkb183

gkb181

高麗箸(朝鮮高麗時代)長さ 26 cm 、22.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

骨董古美術古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分

玻璃壺

GGT106

宙吹きの硝子の内で、煙が立ちこめたように透明が曇っていて、控えめな膨らみのかたちは髪をシニョンにした女性のようでもあります。

硝子でつくった小壺は何処かで見たことがあるようで、やはり見たことのないもので、ジャワ出土とありますが、色硝子のビーズ以外では初めて目にします。目慣れないためか、生活の一様さの中に突如としてあらわれた玉手箱のような存在として眺めているのですが、ふしぎな程に絵画的/彫刻的なものとも映ります。

小さいものながら手取りに重さを感じる硝子です。しっかりと定着しているように見えますが、銀化による内部の曇りは水を入れると剥がれて、無色の透明になるかもしれません。このままの状態に残してあげたいものですので、花を生けてお使いになる際には落としを入れて頂くか、水を使わない生け方で愉しんで頂きたいと思います。

GT100

GGT102

GG104

GG103

玻璃壺 ( ジャワ出土 ) 外径 5.8 cm – 高さ 5.8 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

骨董古美術古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

李朝白磁茶碗

8

朝鮮では南部のつくりの御茶碗のようですが、きめ細かくやわらかい土に掛かった厚めの釉薬が、もの慣れた人にも、そうでない人にも親しみ好んで頂けそうな御茶碗です。

いっぱい省いて書きますと、白磁は王族の御器のために一般の庶民の使用が禁止されていたものですので、雑器よりもつくりのよいものが主流です。白の持つ高貴さ、純白な清楚さ、高潔さというのは儒教の精神によって特別尊ばれたものですが、それらをリアルタイムに嗅ぎとっていないこちらはごく表面的にしか知らないので、ただ生来からの好みを確実な足場として、そのしとやかさや美しさを玩味しています。

無瑕・完品 / 合箱が付属します。

0

12

3

9

3

李朝白磁茶碗( 李朝後期 )外径 13.9 cm – 高さ 6.1 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
銀行振込、クレジットカード(VISA,MASTER,AMEX)がご利用頂けます。
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)
Card01
骨董古美術古道具
南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

李朝堅手盃

GRKS157

楓の葉を手のひらに乗せて叩くと何とも小気味のよい音が鳴ると訊いて、団扇のように大きな楓の葉が欲しくなった。おそらくは山野に入らなければ見つからないのですが、小さな銀杏の葉を摘んできて、水盤に見立てたデルフトの鉢に水を張って浮かべてみるとなかなか雅味があります。楽隠居の境地でしょうか。

梅花皮(かいらぎ)は、釉薬の縮れて鱗状になったものの呼称ですが、この李朝の盃には井戸盃よりもずっと控えめに高台裏に潜んだ梅花皮があって、これ見よがしに目に入らぬところが好ましいと感じます。和み、知らず識らずのうちに心の糧になる気配と云えばよいでしょうか。

小島の浮かんだような器形の、高さ半分にまで達するほどに底の厚いつくりは熱燗にも最適で、見込みに僅かに覗く釉切れや、御本、轆轤目などが全体に切り離しがたく結びついて調和しているのが好所です。

口縁に一箇所、アタリによって出来たニュウがありますが、実用には支障ありません。

GRKS158

GRKS159

GRKS161

GRKS151

李朝堅手盃 ( 外径 7 cm – 高さ 4 cm ) 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

骨董/古美術/古道具
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

須恵器 長頸壺

P1220271

算盤(そろばん)の珠の形をした壺を「算盤壺」と呼びますが、出土に伴い頸が折れてしまっていた長頸壺を研削し整えることで、独特の器形をした算盤型と相成った須恵器の小壺です。自然釉など流れておらず、立ち上がりの低いシャープな造り。人為的な行程を経たものながら、端正な器形は見事です。

花を生けるにはやや浅いためにコツを要するように思いますが、花映りのよさは保証致します。小さく大仰にならない控えめな趣きは、秋を迎え入れるしつらえとしても多くの方に喜んでいただけるものと思います。

P1220261

P1220263

P1220270

P1220274

須恵器 長頸壺(6〜7世紀) / 口径 5.5 cm – 外径 9.5 cm – 高さ 5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

李朝白磁壺(初期)

RSHKF140

晩夏の候に涼しげな白磁はまさに涼みであるのだけれど、不思議と今夏は染付や硝子、白磁といったものよりも、木や鉄をよく買って頂いた。その成り行きで留どまった白磁のひとつがこの李朝白磁で、幸いなるかな、幾度となく手にしている内に深く向き合うことが出来たような気がしています。

白磁を評するときに清冽という表現をよく目にするのですが、この李朝白磁はもう少し体温をもったもののようで、掌に収めていると次第に手の熱が磁肌に導わり、ほんのりとした温かみを帯びてきます。素文独特の素っ気なさが感じられないのは、おおらかな形ややや厚くかかった釉薬によるところもあるのでしょうが、この白磁の白は空白ではなくて、繭のようにあたたかなもので密に詰まったもののように感じられて、李朝白磁といえども、すべてに通じて在るものではないような気がしています。

蓋がなくなっていますが、目的に応じて漆蓋や木蓋など誂えると使い途もより多く得られそうです。

RSHKF142

RSHKF143

RSHKF144

李朝白磁壺(初期)口径 3 cm – 外径 7.5 cm – 高さ 4.5 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分

分院 白磁盃(李朝後期)

grbh100

白磁にうっすらと蒼のある肌合いが美しく、分院後期に煎茶器を模して作られた見立ての盃です。涼感のある夏向きの盃ですので、日本酒はもちろん煎茶器としてもお使い下さい。

ひっつき、スリキズが見られますが、その他好い状態を保っています。

grbh101

grbh102

grbh103

分院 白磁盃(李朝後期)外径 5.7 cm – 高さ 4.6 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

ヨーロッパ古道具骨董 アンティーク
『南方美術店』

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分

世田谷美術館より徒歩15分