ローマングラス装身具

展示会出品商品のご案内です。

6.ローマングラス装身具
⌀ 2.2 cm
紀元 4 – 6 世紀

このようなガラスペンダントは帝国全体でローマ人が着用していたとされ、特に東地中海で人気があったと推測されています。それは厄祓いの価値を持ち、幸運のお守りとして働き、十字架、神々、動物などの厄祓いのシンボルを含むか、詩句や名前などの文字を刻んだものまで多様な図像での出土例が見られます。本品は黄色硝子にライオンの刻印、紐孔は付着物によって塞がってしまっている状態ですが、銀化による風化も見られる好ましい小品です。

会場にてご覧下さい。

—–

『 こっとう四人囃子 – 駄駄の会 – 』
2021.12.04日( sat )- 5( sun )
11:00 – 18:00

会場 : 荻窪ギャラリー
http://ogikubo-gallery.com/
東京都杉並区天沼2-5-8
荻窪駅北口 徒歩4分
03-6899-1703

※整理券は当日朝9時より配布します。

出展者一覧
古美術 猫
南方美術店
レルム
高谷