エナメル彩リキュールグラス

エナメル顔料を使ってガラスに絵付けする技法は少なくとも十八世紀には一般的といえる程に普及していたようで、海外では単色のものから金銀彩を使ったものまで多彩なガラス製品を見ることが出来ます。

こちらも形の特徴を見せながら"フランスらしい青色"で装飾された蒸留酒用のグラスで、花や文字のないシンプルな輪線文が二条廻っただけのもの。手元の酒器の数々の中に混ざって異国趣味が程よく馴染むようなデザインで、酒器のひとつとして長く置いておきたくなる小品かと思います。

西欧のガラスや白磁など、海外より到着した品物を十点ほど並べました。併せてご覧下さい。

エナメル彩リキュールグラス( フランス 20世紀前半 )口径 3.7 cm – 高 5.3 cm / 御売約

メールによるご注文こちらから」