古銅六器

六器と云うのは香炉の傍らに六つの銅器を並べる習わしからの呼称で、本品はそこから別れたもののひとつとなります。

ひと回り広く鋳られた銅紐状の装飾を伴う銅器で、古色や器形の雄勁さが他と異なる点でしょうか。香立てに使うつもりで灰を敷いてみると相応しさが加わるので自楽しておりました。物質感としての魅力もさる事ながら、常用することで愉しみとなる道具かと思います。

末香の塊なのか、固着を掻き落としながら用いていた痕跡がありますが、道具としてみれば肯定的に捉えられそうなものです。

古銅六器 / 御売約
室町時代
径 8.9 cm – 高 4.6 cm

メールによるご注文こちらから」