古唐津茶碗 ( 黒唐津 )

GKKC140

唐津については自分の頭で掴んだというよりも、伝統的な知識によって学んだだけのことしか知らない。もう少し体感しておかなければ不可ないことは分かっているのですが、好きなものから学びたいと云う偏った見方が邪魔をして居て、いざという時になって間に合わせの知識で向かわなければならないような情けない仕儀になりました。

唐津の在所の自然は訪ねてみなければ分からないのですが、石や骨や貝殻の肌のような手触りを受けていると、自然そのものから直接受ける印象よりも返って強い風景の印象があるように感じられます。鉄分を多分に含んでおり、鉱脈をくりぬいた金属のような堅牢さがあり、黒褐色に偶発的な印象が寄り集まって一つの形を成している。実質的な重みに欠けているように思えた他のものから受ける印象とは違って、このように逞しいものがあると云うことには新鮮な驚きと感心を覚えます。

武雄系かと思いますが、陶片では見ることがあっても形が残ったものを目にする機会は少ないように思います。口縁部に一部、幅六センチ程の呼び継ぎが見られます。その他、小さな欠けの直しが二箇所確認できます。高台外縁部に小さな欠け、見込みにひっつき、座りは比較的安定していますが高台が傾斜しています。

GKKC145

GKKC141

GKKC142

GKKC143

GKKC144

古唐津茶碗 ( 桃山 – 江戸初期 ) 外径 11.9 × 10.8 cm – 高さ 6.8 cm / 売約済み

メールによるご注文こちらから」
別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。

南方美術店

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 / 用賀駅10分
世田谷美術館/五島美術館/静嘉堂文庫美術館より徒歩15分