軟質陶器

P1670613

18世紀、ドイツWALLENDORF製の軟質白磁の紅茶葉容器。ヨーロッパの絵柄は日本人には華飾的に感じられて、無地を好む日本人の感性にはフィットしない。それでも時代が遡ると絵も幾らか落ち着いた物があって、絵柄だけではなく形や釉調まで落ちついてくるとようやく好ましい感じがしてくる。日本の初期伊万里(江戸初期)にしかないような、いわゆる’こっくり’とした落ち着いた色は、ヨーロッパの白磁陶器でも同様に時代が遡る程に好ましい印象が出てくる。

1700年末頃、日本の江戸時代後期と考えると、こんなドイツのものでもよく残っていたものだと思わずにはいられません。無地のものばかり探すクセがあるので、絵柄があってもこれくらい落ち着くといいな、そう思うもののご紹介でした。

軟質白磁 紅茶葉容器(ドイツ 18世紀)売約済み

「メールによるご注文はこちらから
(別途送料(全国一律)600円/振込手数料がかかります。)

世田谷・二子玉川駅より徒歩11分 ヨーロッパ古道具と骨董 アンティーク 「用賀駅」10分